レポート & ニュース

REPORT & NEWS

私でもスマホでキレイに撮れました!テーブルフォトレッスン

ラブリエCafeメンバーの希望が実現した「テーブルフォトレッスン」をレポート☆

私でもスマホでキレイに撮れました!テーブルフォトレッスン

今回は「ハンドメイド作品をSNSなどに載せるために、キレイに撮るコツを知りたい!」という、ラブリエCafeメンバーの願いが実現!写真家・クリエイターのこばやしかをる先生に、スマホで小さな雑貨をキレイに撮るワザを教えてもらいました。

まずはスマートフォンのカメラの設定や、撮影するときの握り方から丁寧に教えてもらいます。「え、スマホのカメラって、こんな機能がついてたの?」と驚くことばかり。

今まで、ただ写真を撮るだけで、カメラ機能の10分の1も使えていなかったかも…。会場からも「こんな機能、知らなかった!すごい!」の声が上がりまくりでした。

続いて、被写体をよりステキに見せるために添える、演出用の小道具や花、布などを選びます。

今回、ご自身のハンドメイド作品を撮る方が多く、作品を際立たせるための小道具選びは、みんな真剣!

たくさんの演出用小道具が用意されています。私も、花とレースペーパーを選びました。

いよいよ、スマホでの撮影開始!

撮影には「光」がとっても重要。薄明りの入る窓際で、時には厚紙で作った「レフ板」も使って光を調節しながら、撮影していきます。

ポーチ、アクセサリー、パステル画、フラワーアレンジメント、布のリースなどなど、集まった皆さんのハンドメイドの作品はどれもカワイイものばかり!撮影をしながら、作家さん同士の話も弾んでいました。

こちらは、キュートながまぐちポーチを作っている作家さんの撮影風景。ポーチの中も、別布でかわいい!

この方は、和風のステキなフラワーアレンジメントを撮影中。

こちらは、お菓子をおいしそうに撮っています☆

私は作品を作っていないので、自分が持っている中で、一番ガーリーな(?)ポーチと、パールのネックレス、白いハンカチの3品を、一緒に撮ってみることに。

最初は、ポーチに何もいれずに、ペッタンコのまま撮っていた私。それに3品もあったので、どうもバラバラな印象になり、悪戦苦闘…。

見ていた先生が、「使う人がイメージできるように、ポーチの中に物を入れた状態にしたほうがいい。それから3品の中で主役を決めて目立たせてみて」とアドバイス。

中に詰め物をしたポーチを主役に、再チャレンジしてみました☆ まとまった気がする!

その後は、チェキに出力して実際の色を確かめました。画面の中だけでなく、実際にプリントして色を確かめることも重要なんだそう。

真剣で楽しい、あっという間の2時間☆

みなさん、自分の作品をステキに撮影できて満足そうでした。私も大満足です。

こばやし先生、ありがとうございました!

過去のレポート

PAST REOPORTS